040803_05.jpg 040803_06.jpg
040803_07.jpgK農師匠のON THE BORDERが出るし、去年朝霧でご挨拶しただけで唄を聴いたことがなかった“あやごん”さんもでるちゅーし、一度行ってみたかったライブハウスだし、仕事もうまい具合に夕方過ぎに終わったし(ホントだってば)で、横浜サムズアップ。
あやこさんのDESPERADO、めっちゃ情感こもってカッコよかった。SWINGING DOORSつーバンドのMiss the Mississippi and youも、ジミー・ロジャースばりによかった。永富マリさんの唄なんか、トイメンのJJさんが感動して泣いているくらいだ。
そして、ラス前にON THE BORDER、だったはずなのだが、なんとベース担当が骨折。このイベントのプロデューサー、片山誠史さんとジョイントでトリを締めたのだった。
その他、若手カントリーバンドやらフレッシュな男女デュオやら、いろんなグループが次から次へと、いろんな曲や演奏を聴かせてくれるイベントは、やっぱり楽しいし、勉強にもなる。勉強、ということでは、こないだのジャニス・イアンでさえ、そんなことを考えてしまったわけだけど、まあ、ホントはライブはライブとしてちゃんと楽しみ、自分やバンドの演奏なんてことは別口で考えるべきなんだろうな。だけど、まだまだそこまでココロに余裕がないんだろう、と思う。