070430_03.jpg
横浜へ向かう直前、大阪の悪友から電話があった。
「今日3人泊めてくれへん?」
「誰を?」
「オレら家族(笑)」
「来るのんかい!?」
その夫婦、Gurf Morlixの大阪、京都公演でバックを務めたわけだけど、あまりにガーフがいいヤツだったので、そのままサヨナラするのが名残惜しくなっちゃったというわけなのだった。かくしてもともと予約していたカントリーミュージック協会会長様や歩くカントリーソングジュークボックスのばんますさんらのボックスと大阪ボックスの二カ所でライブを堪能することになったのであった。
いやーしかし、カーフ・モリックス来るねん、え、ガース・ブルックス? ってなワタシであったが、コイツ、めっちゃいいわ。ギターも、イントロもリードもオブリガードもひとりでいれちゃうんだが、とんでもないことしているわけじゃない(たまにボトルネックならぬボトル奏法なんかもあったりする!)のに、フレーズもタイミングもめーっちゃカッコいい。しかも歌が、ギター弾きながら唄ってるとは思えないほどに、どすんとまっすぐに届いてくる。うーん、やっぱ歌はソウルだな。ついでに大阪から一晩のために悪友が家族3人で上京しちゃうほどに、ホントいい人。必ず帰ってくるとかゆってたので、今回見逃した人はいまからご準備ください。
070430_04.jpg 070430_05.jpg
070430_06.jpg 070430_07.jpg