厨房へのドアから、鍋がレンジに乗っかってるのが見える。しかもなんと、湯気が上がっているでわないか。実は助っ人の某Fシェフがソースの下ごしらえをしているのだった。これで当分は、料理も安泰、である。( ̄ー ̄)