東京駅に着いたら、駅はまるで最後の日のような大騒ぎ。ホントの最後の日は、そりゃスゴイことになるのだろうなあ。
6時42分、東京駅9番線に入線した102。やがて増結8号車のオハネフに付いてた電機が隣のホームを通って反対へまわり、カニに連結。そして7時ちょっと過ぎ、回102となって、一休みするべく品川へ向かっていった。今夜になったら、列車の101として大阪へ。そして14日の夜の101が、このホームを旅立つ、最後の銀河になるのだ。