なんということはないけれど、なくなっちゃうとこまる味。きっと茅ヶ崎に生まれ育った人たちにしてみれば、ある種のソウルフードなのかもしれない。