キョーミない方、すんません。ちょっとここんとこ、こんな写真ばっかりかも。(^^;; 未明の天体ちゅーエントリーのコメントに書いたように、どうも星像が流れると思ったら、ワタクシ、極軸望遠鏡の北極星導入位置を間違えていたことが判明。なので晴れちゃったら、そりゃもう正しい位置に北極星突っ込んだらどうなるか、試さずにはいられないわけだ。しかも、今夜は前回よりさらにクリアに暗い夜空。それはつまりめーっちゃ寒くて風がやたらに強いということでもあるわけだけど、とりあえず無理くりやってみた。35mm判換算300mmで、なんと10分露光。

当然、できあがった写真はまっ白白なんだけど、それでも前回の3分露光と大差ない白っぽさ。そしてレベルをイヂって星像起こしてみれば、果たして前回よりはいろいろ写っているのだった。これまで、見えそうで見えなかった馬頭星雲までしっかり写っているし(ナニ、見えない? 心の目で見れば見えてくるのだ(爆))、オリオン大星雲も前回よりデカイ(笑)しなにより星も増えているのだった。うーん、こうなると、どこかもーちょいまともな空の場所に行きたくなってきちゃうなあ。湘南エリアの天文ファンのみなさんは、どこへ出かけているんだろう。富士山五合目、とかぢゃなく、近場でいいところがあったらぜひ教えてください。そういえば茅ヶ崎に、新星発見で有名な方が住んでるんだけど、前回の発見時間は大晦日の深夜だった。そりゃ星もキレイだろうなー。ヽ(・◇・ )ノ
それにしても今夜は、風が半端ぢゃない強さ。電池ケース抜けてて追尾できてなかった(ノω・、)スバルを見れば、どのくらいの揺れかわかるでしょ。んなわけで、今回の星像もビミョーなんだけど、極軸セッティングのせいなのか風のせいなのかわからんかったのだった。