ちょいとそこまで


ちょいと海まで、なんつーと、東京住んでたときならかっちょいいセリフだったんだけど、茅ヶ崎住んでりゃ、そんなもん散歩にもなりゃしないのだった。^^;;
今日は、ちょいと平塚の楽器屋さんまで、なんである。ナニを買ったかは、きっと深夜の日記wで明らかになる予定。もちろん買い物は二の次、要はちょっとバイクに乗りたかっただけである。ついでにこのジャンパーにも風を通したかったんである。
この革ジャンは、いわゆる米海軍のフライトジャケット、G-1である。映画のトップガンではトム・クルーズがカワサキに跨って着てたんで勇名になったヤツ。この固体はコントラクトナンバーから推測するに1956年前後の製造で、もちろん1956年生まれのワシだからゲットしたんである。パッチによると厚木にも駐屯したことのある航空団。55年も前に、停戦なった直後の半島上空をF86で飛んだかもしれない革ジャンが、いまこうしてふつうに着られるんだからすごいよなー。革ジャンは古いほどエライ、とゆってたコイケさんの感想を聞きたい。ヽ(・◇・ )ノ

Author: shun

4 thoughts on “ちょいとそこまで

  1. ふーん、56年製ですか、ジャケットも中身も。
    ところで私の中身も56年製でした。
    昔の話の時代性が合うなあと思ってました。

  2. 婆娑羅大将さん:
    そうですか、婆娑羅大将さんもサルでしたか。その前後だという確信はありましたが(笑)。
    まあ戸籍のある人間と異なり、ジャンパーは残念ながら、米軍の記録では“56年前後”としかわかりません。軍の契約品だから、そこまでわかるっちゅーのもスゴイですけど。

  3. コイケさん:
    お、召喚が効いたようですね。実生活でもそろそろ召喚に応じてみませんか?( ̄ー ̄)
    ジャンパーは、新しくてもカビない方がいいっちゅー話も。(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。