今日のサザンビーチ と想定外のない商売


今日朝9時の線量は47nGy/h。そして以降のデータは、明日9時にならないと公表されない。ていうか、明日、ホントに動くのか。元旦だから休み、なんてことはないよね?
そういう年末年始に入ってみんなお休みモードになっちゃったのか、原発関連のニュースも激減。元旦から施行されるといえば放射性物質汚染対処特別措置法だ。原発事故で放出された放射性物質を国の責任で除去するちゅー法律だけど、実態は不明だらけ。計画的避難地域に人を帰す、という約束を忘れてませんよ、というポーズのような法律なんだろうか。それとも、中間貯蔵施設(ということになってるが、本音は恒久的な終端施設)を現場に作るたけのステップなのかもしれない。ていうか、現実にはほかに方法はないはずなんだが。
毎日の記事で、陸上自衛隊中央即応集団の宮島俊信・前司令官が当時の対応を答えているのがあったけど、そのなかにこんなのがあった。
「我々は「想定外」という言葉を使わない。すべて最悪の事態を考え、想定内に納めておかないと対処できませんから」
軍隊なんだから当たり前である。そこに敵が潜んでいるとは思わなかったとか、上から来るとは思わなかったとか、そんなことで部隊が全滅してたら戦争なんてできやしない。原発なんて、ああいうなんかあったら人間の手に負えないようなエネルギーを扱う施設にこそ、そういう最悪の事態を考え、想定内に納めておかないといけないわけだけど、それをしなかった連中がいるのだ。ていうかそもそも、その最悪の事態ってモノに対する想定自体が、大甘だったわけだけど。

Author: shun

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。