今日のサザンビーチ と今日の放射線量


今日朝9時の線量は0.043μSv/h。そしてこの24時間は、42〜44で推移していたようだ。モラルハザードっちゅー言葉がある。どうやら倫理の欠如、ちゅー意味で使うのは英語じゃなくて一種の英語風日本語らしいけど、このblogは日本語なので、まあ、そういう意味で言うんである。
たとえば天下りちゅーのがあるけど、ちょいと考えればあれって、かなり面の皮が厚くないと、恥ずかしくてとてもできたもんじゃないよなあ。通産省(経産省)で原発行政やってて、いまは多少の空白期間があるかもしれないけれど、結局は東芝だとか三菱だとかの原発メーカーに雇われる。ということは、ふつーのアタマをもってれば、ああ、そういう未来を考慮して、役人時代には便宜を図ったり、まあそこまでしなくてもお仕事で付き合う上でそれなりの匙加減を加えてきたんだなあ、なんて思われちゃうわけだ。事実がどうあれ、本人がいかに否定しようとも、ワシはそう思う。ってことは世の中の誰もが、そう思うってことだ。なのでワシなら、恥ずかしくてとても、そんな関連企業に再就職なんかできないだろう。
でも、この国の役人は、それが当たり前である。つまり、役人時代から、天下り先の企業の片棒を担いできているのが公然だと言うことだ。四国電力伊方1号炉訴訟と東京電力福島第二原発1号炉訴訟で争われた、国の建設許可の取り消しを求めた裁判で、「原発は安全」だとして原告の訴えを却下した最高裁判事が、最終的に東芝に天下りしていた、ということは、つまり司法だって結局は企業や国の側に立って判決を下していた。と、思われてもしょうがないわけだ。李下に冠を正さず、なんて故事成語を、彼らが知らぬはずはない。知っててやる、というのは、つまり、そういうことなのだ。それが当たり前だから、疑われる、とか、それが恥ずかしい、とかいう意識すらない、ということなのだ。もともとあったモラルがぶっ飛んでるからモラルハザードちゅーわけだけど、もともとモラルがない、というか、それがモラルなんだろうなあ、あの世界は。

Author: shun

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。