ナントカのひとつ覚えである。しかし、仮に毎日行けたとしても、あと10回ほどなんだぜ。