去って行ってはまた来て、そして去ってはまた来るハチなのだ。