頭に雲がかかってることで、火口の構造がよくわかったのだった。