今日朝9時の線量は0.039μSv/h。そしてこの24時間は38〜39で推移していたようだ。

なんと九電が、すでに再稼働した川内原発に建てるとしていた免震重要棟を、チャラにするそうな。そもそも新規制に関してもいろいろ問題があるわけだが、それらを横においといても、「免震重要棟を建てる予定」ってので新規制の合格が出るのがおかしいのだ。ふつうの感覚では、新規制に合格=原発の安全性が確認される、で再稼働が認められるのだとするなら、新規制の1要素である免震重要棟の建設も終わり、それらが新規制に合致することが確認されてはじめて、新規制に合格(=安全性の確認)し、再稼働が認められる、というのが順番なわけだが、実際には、紙の上の計画で合格すれば、先に再稼働しちゃえるのだ。そして川内は、すでに再稼働したあとから、合格の前提となった安全のための施設を、やっぱやーめた、というわけである。
実は「免震重要棟」なるものは新規制のマスト条件ではない。要は大地震喰らったときに、ちゃんと持ちこたえて原発を冷温停止に持っていける耐震性能を備えた管理棟が求められているのだ。しかし九電は、“より小さい代替緊急時対策所を使い続けるとともに、隣に耐震支援棟をつくることにした”んだそうな。究極の後出しジャンケンである。これが認められるのならば、田中委員長が「世界でも最も厳しいレベル」という新規制基準も、それを守らせる規制委も、タダのお飾りだということになってしまうんだが。