今日朝9時の線量は0.038μSv/h。そしてこの24時間は38〜39で推移していたようだ。

先般、オバマの意向で、40年以上も所有していた高濃縮プルトニウムをアメリカに返したニッポン。ほとんど破綻したような高速増殖炉やら再処理工場やらを、もう合わないからやめます、とは絶対言えないのは、もはやエネルギー問題ではなく、一種の国防問題なのだ。日本の核武装を許さないのは、中国でもロシアでもなく、米国である。安保条約だって、片務性がどうこう言いながら、日本の負担増を要求し続けながら、しかし絶対廃棄しないだろう。
ところがなんと米大統領候補のトランプは、コストが合わないので日米安保条約の破棄も考えるという。しかもそのためには、日本の核武装だって容認するというではないか。どひゃー。ってこたーもしかしたら日本人、特に原発をなくしたいと思ってる人は、もっとトランプを応援すべきなんじゃないか?(笑)