今日朝9時の線量は0.039μSv/h。そしてこの24時間は38〜39で推移していたようだ。

今日からサミットに先立ってG7外相会議が開催されるわけだ。これが画期的なのは会場が広島で、アメリカ、イギリス、フランスの外相が平和公園を訪れるということだ。比類なき人道に対する罪が犯されてから70年過ぎても、さすがに核武装する連合国の側は気が引けるのか、役職のある人間は広島に近寄らないし、ましてや平和公園に行ったり慰霊碑に献花したりしないもんだと思ってたが、どういう風の吹きまわしかなあ。まあ、英仏は直接の加害者ではないけど、なんと今回はアメリカのジョン・ケリー国務長官も原爆死没者慰霊碑に献花するんだそうな。加えて日本は“各国とともに「核兵器のない世界」を目指す「広島宣言」を発表”し、さらに、サミット時にはオバマも来るとか来ないとか。さすがに日本が主張する「核兵器の非人道性」は盛り込まれないそうだ。あくまでもアメリカが落とした核は、戦争を早期に終わらせるための“人類の平和のための核”だっちゅーこった。まるで「アメリカの核兵器は侵略のための核だがソ連の核は平和のための核だ」とか主張して反核運動に反対した反核組織のようだ。いや、笑い話でもないし、昔話でもない。いま、そこらの駅頭に立って、原発をなくせとか9条を守れと言ってる団体のことである。

それにしても原爆死没者慰霊碑の碑文を読んだケリーの感想を聞きたい。 過ちは 繰返しませぬから、ってのを読んで、なーんだ、ウチの国、とっくに謝罪してたんじゃん、とか思うんじゃないのか。ていうかケリーが読むのは英語だろうが、そこにはこう書いてある。

Let all the souls here rest in peace
For we shall not repeat the evil