SXDが暴走をはじめたまずアヤシイのはケーブルだけど、グリグリしても関係ない感じ。あの手のケーブル、てゆーか、こりゃRS-232Cだから、以前ならパソコン横の段ボールに山のように入ってたんだけど、D-sub9pin-D-sub9pinなんかもう見当たらない。出てくるのはモニターケーブルばっかり。まずケーブルだけ買って試してはずれたら、ケーブルが無駄になる。ケーブルの次にアヤシイのは架台側の端子部。というわけで、面倒なのでビクセンに送っちゃうことにして、引っ張り出したのがコイツというわけなのだ。

関係ないけど、昔、仕事してた某社のアメリカ人コピーライターが、プリンターが動かない、見てくれということがあった。どうやらプリンターとつながっていないんだけど、その原因がわからない。で、よーくよーくよーく調べたら、D-sub 25ピンのコネクターを上下逆さまに差し込んでいた。すべてのピンはへし折れ、金枠が変形し、それでもねじ込まれた抜け止めのビス。こいつら、どんだけ力持ちなんだ。どんだけ後先考えないヤツらなんだ。こいつらと戦争して勝てるわけがない、と強く思ったのだった。