今日朝9時の線量は0.038μSv/h。そしてこの24時間は38〜39で推移していたようだ。

菅直人が川内原発を止めろつったつって、産経が相変わらずの菅叩きである。原発を動かしたい労組を抱えている民主党、じゃない民進党は、記事にもあるように原発停止までは求めていない。産経はとにかく原発止めたくないし、“超法規的に”浜岡止められて恨み骨髄なんだろう。
しかしいま、仮に地震の震源が拡大して、川内原発がドカーンと揺らされるかも、というんであれば、大事なのは稼働してるかしてないかではなく、ドカーンのあとにちゃんと原発を冷温停止に持っていけるのか、住民はちゃんと避難できるのか、ということだろう。免震重要棟を、耐震の別の建物を建てることで茶を濁そうとしている九電だけど、その誤魔化しの施設さえ、もちろんまだ建ってない。そんな状態でドカーンと揺れて、ちゃんとスクラムした原発を管理して冷やし続けられるのか。熊本のように道路が地割れ、土砂崩れで通れなくなり、橋まで落ちたりするかもしれないのに、近隣の住民は、ホントに速やかに避難できるのか。そっちの方をなぜ誰も騒がないのか、不思議なのだが。