今日朝9時の線量は0.038μSv/h。そしてこの24時間は37〜38で推移していたようだ。

産経としては三反園新知事の“原発止める発言”に戦々恐々のようだ。ま、記事にも書いてるように「原発を停止する法的権限は原子力規制委員会以外にない」。三反園知事にできることは、今年の秋以降に稼働中の川内原発が定期点検で止まったあと、再稼働時にゴネるくらいだ。ただ、法的な根拠はないのかもしれないけれど、自治体と電力会社は安全協定を結んでいて、立地自治体の首長の同意は、ある種の不文律になっている。そこらの反原発団体がグチャグチャ言うわけじゃないので、無視して再稼働するのは、それなりの軋轢が伴うだろう。なのでまあ、九電が知事の要望を聞いて、安全性のチェックを厳しく行いました、んじゃ大丈夫だよね、みたいなあたりが落としどころなのかもしれない。産経は、そのときにぐちゃぐちゃ言うと新聞で叩くぞ、という、軽いジャブなんだろうなあ。