お客さまが、自分ちのをぶっちぎってきてくれたんである。この上なく新鮮なミカンなのだ。