もちろん、ここが華やぐのは、もう少し先のことなのだ。