日本ロックの黎明期を成毛滋らと牽引し、レコーディングやステージサポートは数知れず。よしだたくろうのバックを自分のグループで務めたり、「伽草子」のアルバムでは編曲や、ピアノやオルガンを弾いてたり、というホンモノのレジェンドの一人。そんな柳田ヒロさんが、10年ぶりにBOTCHY BOTCHYにやってきてくれて、チーフこと井上ともやすさんと「伽草子」を全曲再現である。あのレコードで何度も聞いた、ホンモノの音が、いま、ウチの店のステージで鳴っている……。うーん、これって、スゴイことじゃない?