BIKEINTEREST

ナックル

食後のコーヒータイムは、もちろんここで缶コーヒー。で、ナックルにちょろっと乗せてもらったけど、ビックリするのはエンジンの“当たり前”な感じ。ふつーに回って、ふつーにパワーが出て、ふつーにバイクを加速させていく。エンジン見ずに乗ったら、ヤマハの新車と言われてもたぶんダマされちゃうくらいに違和感がない。製造は1947年である。中島がヒコーキの部品でラビット作り、設立されたばかりの本田技研がA型作ってたころのバイクが、ふつーに走る。S元さんに言わせると、ちゃんとしてればパンよりショベルより壊れない、んだそうな。ハーレー、恐るべし。確かにフロントフォークにアンバランスなのが付いてて、操安性はアレだったけど、こりゃまぢで、ふつーに普段使えるバイクなのだった。(゜Д゜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です