最近、書籍やムック、CDやDVDを通販で買うことが多くなった。ちょっと歩けば本屋もCD、DVDのショップもあるのだけど、そんな時間さえなくて、いや、白状するならそんな時間さえないほど締め切りに追われているときなどに、現実逃避としてそんな通販サイトをウロウロしていると、ついついウッカリ、ナニかを衝動買いしてしまうわけだ。
 しかし考えてみれば、先般上梓した「ニッポン サバイバル運転術」だって、通販で買ってくれる読者の方も多いに違いない。そこで、ちょっとネットサーフィン(死語?)してみたら、これがまた、意外な発見に満ちていた。
 たとえば amazon (https://www.amazon.co.jp/)では、どういうわけか拙著はジャンル登録されていない。だから、たとえばトップページから、ジャンル別 > 実用・スポーツ・ホビー > クルマ・オートバイ > 運転技術というようにブラウズしていっても、出てこないのだ。(ToT
 また、同WEBには“川端康成に関する本を検索する場合は川端康成と入力してください”とあるのに、[勝真太郎]で検索してもヒットはなく、[勝 真太郎]と、姓のあとにスペースを入れないと引っかからないのはなんでかなあ。
 でも、そのかわりどこかの親切な方が、とてもステキなレビューを書いてくれている。その素晴らしさたるや、筆者でさえ思わず中を読んでみたくなるほどである(爆)。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/440861114X/qid%3D1076855243/249-4992974-8158718
 なお、amazonの場合、“お買い上げ1,500円以上は国内配送料無料”なのだが、ワタシの本は1,200円とお安くなっているため、送料がイタイ。
 その点、宅急便の会社であるクロネコヤマトのブックサービス (https://market.bookservice.co.jp/top/) なら、1冊でも送料タダだ(代引きでも手数料200円のみ)。フリーワード検索で、ちゃんと[勝真太郎]が引っかかるのもウレシイ。
 また、紀伊国屋のBOOK WEB (https://bookweb.kinokuniya.co.jp/) では、通販はもちろん、店頭での取り置きサービスも行っている。さらに、各支店の在庫状況や、店によっては店内の書架の位置までMAP表示するという親切さ。
https://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%8F%9F%90%5E%91%BE%98%59
全国二十余店舗もの支店ネットワークを活かした便利さがウリとなっている。
……と、日記を装いつつ、今日も「ニッポン サバイバル運転術」の宣伝に終始するのであった。(^^;;
Date: 2004/02/12