15_02.jpg 15_01.jpg
 そろそろ梅雨。そこでカツシンの雨対策(もちろんこんなTIPS、きっとあなたの役には立たないだろうが)を紹介しよう。
 空冷ワーゲンってのはダウンドラフトのキャブレターを取り付けると、エアクリーナーからキャブ、インマニからバルブ、そしてシリンダーへと、まさに混合気が一直線に落ちていくような、まるでレーシングエンジンのように理想的な吸気レイアウトを実現できてしまう。だが、エアクリの真上にあるのは、なんと穴だらけのエンジンフードだけ。つまり、うっかりすると降る雨が、なんとシリンダーに溜まってしまうことにもなりかねないわけだ。
 水は、混合気と違って水だから(笑)ほとんど圧縮されない。だから、そうなるとセルモーターのチカラくらいでは、クランクが回らない。それに、万一回っちゃったら、きっとウォーターハンマー喰らってエンジンが破壊されちゃうだろう。
 で、多くのワーゲン乗りが活用するのは、コンビニ袋である。乗らないときに、キノコ回りをくるんでしまうのだ。しかしこの方法は徹底的に安価で気軽だが、1.外すのを忘れて走り出してしまいそうだ、2.雨の中を走るときには防水できない、3.雨の中帰ってきて、雨の中でフードを開けてカバーするのもナニだ、などといくつもの問題がある。
 そこで、カツシンが愛用するのは、大和にあるワーゲン屋さんにいたT橋さん直伝の、“キャブの傘”。1ガロンなどのプラ容器の底をテキトーなサイズに切り取り、穴を開け、キノコに傘をさしてしまうのである。って、写真を見れば一目瞭然。これなら、付け忘れや外し忘れがない、年間を通じて使用できる、吸気の抵抗になるとも思えない、しかもチープ!! と、いいこと尽くめなのだ。
 問題があるとしたら、やっぱり“ブサイク”であることだな。
Date: 2004/05/07