040530_bri8.jpg
そして、ステージの灯りが落ちてもあっちこっちでジャンジャカ続けられるJAMの夜も明け、日曜のステージに出番がやってきた。同じような写真に見えるだろうが、服装に注意。今日は、一応、揃いのユニフォームなんか着ていたりする。土曜? 土曜は、ドタバタで出演が決まったので、そんなことまでアタマが回らなかったのである。(^^;;
ヒルメシ喰ってバンドのみんなと別れ、すでに祭りの後となったフェス会場へクルマを取りに戻ったら、ゲストのミュージシャンまでが、主催者N西さんたちとともに撤収作業をしていた。う、こりゃ素通りもできん。というわけで、ステージやテントなどの撤収作業をお手伝い。さらにステージ上ではK師匠がPAを撤収していたので、これも手伝って、ラス前で会場を後にした。いやあ、ステージでかく汗はイヤ〜な汗(笑)なんだけど、肉体労働の汗はキモチいいわ。(^^;;
それにしても、この週末は天気がよくないはずだったのに、なんとか持ったどころか、ほぼ理想的展開で、腕も顔も真っ赤である。ところが、会場を右に出て、ギアをセカンドにシフトしたあたりで、なんと雨がポツポツと。そして会場を離れるにつれて、雨は激しさを増した。う〜ん、またひとつ、自分の晴れ男ぶりに自信を深めてしまった。ヽ( ̄∇ ̄)/