040721_03.jpg 040721_04.jpg
飯倉の近くで、交通取り締まりをしていた。警官5人のうち、4人が若い女性。ヘルメットも制服もピカピカで、クルマを止める態度もどこかぎこちない。先頭の停止役らしき婦警に、「これ、何の取り締まり?」と聞いたところ、「いろいろです」との答え。なんぢゃそりゃ。「一時停止とか、いろんなドライバーの方が、いろんな違反しますから」、って、そりゃそうだろうけど、飯倉の交差点には信号機はあっても一時停止はない。歩行者横断の一時停止を重点的に取り締まっていたのかなあ。見ていた限り、止められたクルマはキップ切られるわけでもなく、注意の後“行ってヨシ”だったようだが、きっと新人研修だったのだろうなあ。酷暑が続く東京の炎天下、カンカンに暖められたアスファルトの上で、ヘルメットに長袖にブーツに、ビニールの反射ベスト。これぢゃガマン比べである。玉のような汗を浮かべてたり、ジットリ色っぽく上気してたり、確かにおねーちゃんたちには、いい研修になったに違いない。うっかり洗脳されて、道交法教信者に育っちゃわないことを、切に祈るものである。(-人-) 040721_05.jpg
余談だが(って、ナニもかも余談なんだけど(笑))、最近では取り締まりの警官も、ドカヘルではなく、カッコいいヘルメットが支給されているようだ。バイザーやベンチレーションのカタチを見ると、SHOEIのトライアル用がベースなのかな。帽体もよく似ているようだが。しかも、オサレにも個人名まで入っている模様。なぜか反射テープには、警視庁の文字の有り無しが。ケーサツ装備オタクの方、詳細をご存知だったら、ご一報いただきたい。(^^;;;