040911_03.jpg 040911_04.jpg
9月5日にも書いた堀尾和孝さんのライブの日。
まず、ライブに先だって夕方から『堀尾ギター道場』スペシャルが開講されるというので、もちろん参加。右手の使い方を中心に、指弾きえでの、ツメと弦の接触や、ピックを持ったストロークなど、実は“基礎の中の基礎”の話なんだけど、やってるうちにポッカリ抜け落ちてしまっている部分を、キッチリきれいに教えてもらった。わずか1時間なんだけど、十二分に濃い。しかも、これ以上教えてもらっても、絶対覚えられない(爆)。すでに、半分くらい忘れているのだ。(^^;;;
スティービー・ワンダーの名曲、『迷信』を1小節マスター(笑)したところで、スクールは終了。先生と生徒達は茅ヶ崎駅近くの居酒屋で、塩焼きも刺身も150円(!!)という激安サンマなどに驚きつつ夕食。そして再びMARRYに戻って8時からのライブに突入。“911”の今日ということでサッチモの『What a wonderful world』ではじまり、アンコールの『ハイウェイスター』からアンコールのアンコール『天国への階段』まで、パーカッショニスト加藤華子さんとの、全3ステージ。和あり洋あり印度あり(笑)。とても内容は書ききれないので、興味ある人もない人も、一度体験すべし。12日の日曜は国分寺『クラスタ』、14日は恵比寿『案山子(かかし)」』、15日は曙橋『バック・イン・タウン』〜、と各地でのライブ開催も豊富。情報はこちら
そしてライブがハネたら、そのままウダウダと飲み。みんなでギターを弾いてみたり、ノラ・ジョーンズがラヴィ・シャンカールの娘だと教えてもらったりしながら、気が付けば26時になっていた。夕方から、9時間以上も音楽浸りの一日だったんだなあ。堀尾さん、ホントにお疲れさまでした。
ナニ? 日記の日付がオカシイ? この茅ヶ崎日記は、フレックスタイムなのである。(^^;;