怒濤の開封

041102_03.jpg 041102_04.jpg
しかも、組み立て作業付き。WING CLUBコレクションの2個は、どっちもルフトバッフェ。Bf109G-6は、どうやらシークレットらしいフィンランド空軍第30戦闘機隊塗色、そしてもう一機は、Me262A。うーん、ちょっと面倒な組み立てまで強いられるだけあって、このシルエット、このディテール、もはや食玩を超えている。こっこっこっ、凝りすぎです。(^^;;

Author: shun

2 thoughts on “怒濤の開封

  1. 遅ればせながら・・
    退院なによりです。もうだいじょうぶですか〜?
    あまり無理をしないように・・・ね。
    日記、楽しく拝読させていただいていま〜す。

  2. コメント、どもども。
    無理もナニも、耳以外に不都合ないからなあ。(^^;
    ま、それでも安静は心がけてますがヘ(゚◇、゚)ノ、ちょっとこの風邪がしんどいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。