050621_01.jpg 050621_02.jpg
紆余曲折を経て、ようやく対面できたPowerMac G5。マニュアル通り(もクソもないが)にモニタとキーボードと電源をつなぎ、電源スイッチを入れる。
ぽこっ。
なんだいまの音は。電源ランプも、一瞬付いてスグ消える。何度やっても同じ。増設メモリ抜いて出荷状態に戻しても同じ。ぽこっ。しょうがない。サポートに電話するか。
しかしまあ、もともとあの会社への期待値は低いし、前回の一連の経緯でその感をますます強めてはいたしで、そもそもなんの期待もしてなかったものの、しかし想像以上だな、ここのサポート。症状を説明したら、いきなり「メモリの奥のスイッチを押せ」ときた。メモリってなんだよ、メインメモリか? それにふつー、筐体開けることから説明しないか? そしてそのスイッチ(要はリセットなんだけど)は基盤に付いてるのか? 基盤のどこ? メモリスロット2ヵ所あるんだが。
このサポートの女性、基盤とかマザーボードという言葉が理解できない。ロジックボード、つったらやっとわかってもらえたが、このスイッチの位置を、「メモリの奥」としか説明できない。きっとマニュアルを読むだけで、現物見たことがないのだろう。ほとんどクーリングファンのユニットの影になっている。だから、ファンのユニットは外さなくていいのかと聞いたんだが、意味がわからなかったのか、返答はなかった(笑)。
ぽこっ。
もちろん症状は改善しない。だってこれってば、きっと電源ユニットが飛んでいるパターン。こんな初期不良、いまどきまだあるんだなあ。(-_-;;
しかし、なんにしろ引き取りに数日かかり、修理にこれまた2〜3“営業日”かかり、修理内容によってはさらにお時間をいただくこともあります、ってか。それってどれくらい? なに、わからん? おーい。新品のパソコンが一度も電源入らないんだぜ。そのまま新品持ってきて交換すればいいだけのことぢゃないのか。
「そのようなサービスは行っておりません」
サービスちゃうだろ!? ι(`Д´)ノ