050723_03.jpg 050723_04.jpg
京都の新京極を四条からちょっと上がったところに、ロンドンヤちゅー店があってロンドン焼ちゅーのを売っている。モノは、言ってみればただの白あん入り饅頭なんだけど、その最大のウリは“機械焼き”であること(笑)。つまり、店の大きなショーウインドウに、こういう自動饅頭製造器で焼いているのを展示しているのだ。子どもの頃はもちろん、いまも前を通れば数分は眺めている。誰かに袖を引っ張られなければ、1時間でも見ているかもしれない。ワシって進歩ないよなあ。(^^;; で、そのロンドン焼と瓜二つの「都まんじゅう」つーのを、茅ヶ崎駅北口からちょっと行ったところの『すずや』という店で売っているのだった。ただ、アヤシイ新京極とは人通りが根本的に違うせいか、いつも機械が動いているとは限らない。つまりこの写真は、意外と貴重な瞬間なのかも(爆)。
しかし、「都まんじゅう」というのは、実はあっちこっちにあるそうだけど、なんで京都のはロンドン焼なんだろう。もしかしてアレかな。ロンドンといえばイギリス。そしてイギリスといえば産業革命、機械化発祥の地。そこでロンドンヤの開祖たるかの饅頭考案者が、機械で焼く饅頭のシンボルとして誇らしくもその商品に、産業革命の都たるロンドンの名を冠し、そしてそこから全国に広まった機械焼き饅頭は、英国の都ロンドン、そして日本の都たる京都を発祥とすることから、そらもー「都」と名付けるしかないでしょう、なんてことになったのではないだろうか。
って、もちろんわたしの個人的な妄想である。本気にしないように。(^^;;;;