051019_05.jpg 051019_06.jpg 051019_07.jpg 051019_07.jpg
種明かしつっても、実はタネもナニもない。こんな写真を何枚か、写真イヂリのソフトに喰わせるだけで、下のようなパノラマ写真ができちゃうのである。コツがあるとしたら、全部の写真を同一の露出で撮ること(というのはAEで撮ってしまうと各写真が適正露出になり、結果的に一枚の写真の明暗にならないことに加え、空などの明るさが写真によって異なってしまい、パノラマ写真になったときに縞のムラになってしまうから)とか、なるべくソフトが写真と写真を繋げやすいように、特徴のあるカタチを分割された写真の両方に入れ込んだり、重なりをなるべく多くすることくらい。廉価版ワイドズーム(爆)18mmの強烈なディストーションで歪んだ建物も、1枚のパノラマ写真の中で、なんとなく違和感なく収まってしまう。合わせきれなかった部分が二重像になってたりもするけど、かなり遊べる機能なのだ。
下の写真は、約240度くらいを18mm(35mm版換算約27mm)縦位置で、15枚くらいに分割して撮影したもの。上下左右をカットし、ちょいとシャドウを起こしてある。クリックすると1920×487、約100KB。
051019_09s.jpg