060118_03.jpg 060118_04.jpg
いつもデスクに座って、窓から見ている眺めを、東京タワーが見えるビルのカフェで、パソコンの画面で見た。
つい2年ほど前までは、こっちが日常だった。市ヶ谷のビル街に建つマンションの一室で、窓から見えるビル群に飽きたとき、さしあたって波に乗る予定はないけれど、ライブカメラで波情報を流してくれるサイトなどを画面に映し、コマ送りでしかないような“動画”をよく見ていた。そしていま、あのころと同じように、パソコンの画面でカクカク寄せては返す波を見ている。ただしあのころと違うのは、いまが非日常だということなのだった。
日常と非日常の境界は、とても近いところにあって、それは自分の気持ちひとつで、ヒョイっと変えちゃえるものなんだなあ。