060317_03.jpg 060317_04.jpg
陶器の猫の一族郎党が、風に吹き飛ばされていた。一軒家を借りてたときは、玄関だとか庭のあっちこっちにいたヤツら。とりあえず元通り並べておいた。どいつも割れてなかったなんて、奇跡的かも。