060410_01.jpg 060410_02.jpg
ヤフオクに出品した大きなバッグが、約1500円で落札されたんだけど、送料もそれくらいかかってしまうので、落札者から直接の受け渡しを提案された。東海道線の駅で電車から降り、ブツを手渡し代金を受け取って次の電車を待つだけのことなので、もちろん了承。そして待ち合わせの時間を決めたmailの最後に、こんな一言が添えてあった。
「美人ではないですよ (^-^;) 期待なさらず…」
やっ、ヤフオクって出会い系かナニかのサイトだったっけ。( ̄□ ̄;)!! 落札者、女性だったかー。そういえばそんな名前だったっけ。しかしもちろん、落札メールに年齢が書いてあるわけもなく、そもそも直接に受け渡すといっても、コンビニのレジのニーチャンに荷物渡すのと何ら変わらない気持ちでいたわたし。
もちろん業者さんと違ってオークションでの売買で生活してるわけじゃないし、パソコンなんてモンを使っちゃいるが、オークションつってもフリマと同じく、ナニか欲しいモノ、要らなくなったモノを媒介として、人と人が触れ合っているということなんだ、なんてことアタマでは理解してたつもり。そして思い出せば直接取引も経験ないわけじゃなかったけれど、1999年にヤフオクはじめてもう7年目、そんな気持ちが薄れてちゃってたんだなあ。
そうだよなー。考えてみれば、はじめての人と、これから会うんだよなー。これまでわたしが使っていたバッグを、これからその人が使ってくれるんだよなー。そんなmailをもらうまでキレイサッパリ忘れていた、ボンクラなわたし。しかも、相手はどうやら妙齢の女性らしい。!?(〃゜口゜)!?
と、そう考えれば、ヤフオクとて立派な出会い系なんだよね。いや、もちろん色恋とかぢゃなく、性別とか年齢とかも関係なくて、でも縁があって、人と知り合うんである。そう思ったら、川崎駅へ着くのがやたら楽しみになった。そして電車が川崎駅に滑り込む。プラットホームに降りて、目印にしていた売店に向かいはじめたとき、かわいい女性が、ひらひら手を振りながら駆け寄ってきたのだった。(*゚д゚*)