060518_03.jpg男には、後悔するとわかっていても、やらねばならないことがある。男は、時には負けるとわかっている喧嘩も、買わねばならないときがある。とかなんとか言いながらペヤングの超大盛り焼そばを喰ったのは、去年の1月20日。そして先日コンビニで見つけてしまったのが、表題のデカ王である。ていうか、前からあったんだけどソースがバージョンアップして新登場したらしい。まあそのへんの経緯は知らないが、見つけちゃったからには、そらもー買うしかない。買ったからには喰うしかない。というわけで、戦闘開始である。
ペヤングは、開けたらいきなり2個の麺が仲良く並んでいるのが見えて(プラのフタをパカッと外すタイプなのだ)驚愕したのだが、こっちは日清UFO方式の、アルミ蒸着の紙蓋を剥がすタイプ。そしてスキマからのぞく麺は、一見ふつうだけど、なんかミョー。そこで[ここまで]という表示を無視して大きくフタを剥がしてみると、おおお、こっちは横並びじゃなくて縦重ねかあ。ちゃんと戻るのかな。って、もちろんちゃんと戻ったのは言うまでもない。
徹底的なモノには、徹底的に対処しよう。ということで、卵に納豆、カニカマに魚肉ソーセージのチープフルコーストッピング。ヽ( ̄∇ ̄)/ そして味はというと、ワタシはUFOの泥ソースよりコッチの方がずっと好きである。なんちって、実は同じだったらどうしよう。(-ω-;)
060518_04.jpg 060518_05.jpg