東淀川OPPiDOM / 北村謙さんとの遭遇

060618_05.jpg 060618_06.jpg
まったく個人的に、しかも完全に一方的に、10代の頃から縁があり、またプライベートな用(笑)まであったのに、そして周辺には単なるファンから、かなり懇意にしてもらってる知人まで何人かいたのに、一度もナマで見ることのなかった北村謙さん。それが今日、日曜なんかヒマしてるだろうから茶飲み話でもとか思って東淀川OPPiDOMのドアを開けようとしたら、まさしく写真などで何度も見た北村謙その人がバンジョー弾きながら唄っているではないか。あわてて看板見たけど、「そのちゃん送別ライブパーテイー」!? ゲストが何人か書いてあるけど、北村謙という名前はない。サプライズ、だったのかなあ。
そのちゃんというのは、ヤマナナ・カンパニーというバンドのメンバーで、北海道へ転勤されるそうな。そんな送別パーティだから、ヤマナナ・カンパニーが何曲も演奏するわけだけど、ウマイヘタ以前に、自分たちが楽しんでるし、みんなと楽しもうという雰囲気にあふれていて、なかなかに楽しい。プライベートなパーティの場所に、部外者がポツンといたわけだけど、いやあー、とてもあったかい空気を吸わせてもらった。
OPPiDOMに着いたとき、謙さんはステージ最後の歌を唄っていた。「彼は船乗り」という曲だ。思えばその昔、近畿放送のアクションヤング大丸といいう公開番組に、ララバイというフォークデュオの跡を継いで北村謙&ザ・バックスバニーが初登場したときにも、ラジオから流れる「彼は船乗り」を聞いた。ブルーグラスにCOLD SAILORという曲があることも、よもやそれから20年以上もたってから、自分が似たような音楽をはじめるなんてことも知らず、よく名前だけは耳にしていた北村謙という人の唄を聞いた日。時間の環というものがあるとしたら、今日、その一本が結ばれたのだろう。
プライベートな用というのは、昔、謙さんにバンジョーを習っていて、わたしに北村謙という名前を教えた、中学時代の同級生の消息だった。残念ながら北村謙さんも彼女の行方は知らなかったけれど、まあ、縁があればいつかまた、どこかで会えるだろう。今夜のような、ちょっとステキな偶然に演出されて。

Author: shun

4 thoughts on “東淀川OPPiDOM / 北村謙さんとの遭遇

  1. 世間はせまいってことでしょうかねぇ。
    私も、何年も音信が途絶えていた友人に、出張行った際に札幌駅で偶然出会ったという経験があります。
    北村謙さんにお会いできて、よかったですね。

  2. をを、あそこで謙さんの話をしてたすぐ後に、実物にお会いになったんですね。むむむ、やっぱり言霊かなぁ(^^)。

  3. まさみさん代筆
    素敵な出会いでしたね。京都の人と元京都の人が偶然にも東京でねぇ。だから人生はやめられないんですよね。
    良い話でした。よかったですね!
    ナターシャがらみの方で富安秀行さんも17・18日と東京・埼玉でライブしてました。昨年も同じ日に東京で別のところでやっていたんですよ、この2人。で、去年は北村謙さんを蹴ってこちらへ来たんだ、と言うと「会いたいな〜」って言ってました。
    去年泰阜村の「OUT OF FOLK」で北村謙さんとDIMEの辻さんと木崎豊さんと会って、それ以来なのでは?

  4. 利取兄さん:
    もはや、因縁なのか因縁がないのか、こら一生アカンかも、とか思ってましたが(笑)。さて、肝心の同級生はどうだろうなあ。
    Lupinさん:
    そーなのよー。ホント、言い続けていると叶うのかもねえ。
    まさみさん:
    いやあ、ホンマ縁は異なもの、です。ナターシャナイトも、まさにそうですもんね。というわけで、ナターシャJAMもそんな場に育ったらいいなあ。(^^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。