060910_04.jpg
夏のような一日の終わりは、やっぱり夏の一日のように暮れていくのだった。