060924_01.jpg 060924_02.jpg
出たっちゅーのは知ってて、あったら買おうと思ってたのを、昨日コンビニで発見。さっそく喰ってみた。主張としては、要するにこれまでのカップ焼きそばは、焼きそばと言いながら焼いてなかったからおいしくなかった。そこで麺も具も焼いてみたらおいしくなった、というもの。確かに焼いてない焼きそばってのはオカシイ。しかしカップ麺であるからには、事前に麺を焼いておこうが炒めておこうが結局はお湯で戻すしかない。お湯で麺を戻してから焼くのであれば、それはカップ麺ではない。はて、焼いた麺ってお湯で戻るのか!? 果たして焼かれた麺の上にお湯を注ぎ、やがて捨てられたお湯のニオイは、まさにチキンラーメンの香ばしさ(笑)。そして味は。味は。うーん。縁日の焼きそばって、キャベツとかが焦げちゃった苦みとかエグみがあるぢゃないすか。ふっつーの焼きそばに、その成分のみを足したような感じかなあ(爆)。まあ味の好みは人の数だけあるわけだけど、わたしはきっと二度と食べないだろう。というわけで、とりあえずモザイクかけときます。(^^;;