061016_02.jpgいや、もちろん脊髄で買えるような金額ぢゃないんで、こないだから色々比較検討したりはしてたわけだけど、駅北口の山田の新装セールで、定価が8.5万に下がったBUFFALOのTS-1.0TGL/R5が安かったんで、現場から某あんどちんに電話して判断を仰いだ上で(笑)購入。どうも最近、ヨドバシとかビックでも、このくらいの値段で目玉商品にしているようだ。
それにしても、なんだよテラって。その昔、はじめて買ったハードディスクは20MBだった。筐体に入ってない(つまりドライブ剥き出しの)ジャンク品で、秋葉の某東映無線で3万5千円くらいだったっけなあ。なんと2HD(笑)のフロッピーディスクが20枚も入るちゅって大騒ぎしたもんだが、いつのまにかどんどん巨大化し、バイト単価はガンガン下がり、MOなんかが640MBになっちゃってCD-Rなんかも出てきて、やがてHDDはギガが当たり前になりDVD-Rなんかも出てきて、そしてすでに1年以上も前から、机の下のWindowsマシンには240GB2台と80GBが入ってるなんてことになっちゃってるわけだ。こんなもん、4.7GBのDVD-Rなんかじゃバックアップとってられない。だから以前はHDD2台入れてRAID-1なんかしてたわけだけど、もうRAIDやんぺして2ドライブで使ってもイッパイイッパイ。消しちゃ増え消しちゃ増えのイタチごっこに疲れてたのと、PC内蔵でRAID-1してたときにどっちも飛んだ(壊れた部分までコピーしやがったのかブートさえできなかった(ノω・、))経験があるので次は内蔵を避けようと思ってたのと、Macも240GBでこっちも85%使ってて、でもダブってるデータも多くて外部HDDなりファイルサーバでファイル共有したかったので、どうせなら単なるネットワークディスクぢゃなくてRAID付きにしよう、っちゅーことなのである。まあ、ぶっちゃけ言えば、バックアップの放棄である。(^^;;
それにしても、なんだよテラって。ってまあストライピングで使うわけではないので、RAID-5なら750GBなわけだけど、すごい容量だなあ。あくまでも現時点では、だけど。(-ω-;)