070211_04.jpg

070211_05.jpg

なんともリッチに(笑)、夕食は、いつもは道路の側から天満宮の池をはさんで、こんなふうに見ている錦水亭。天満宮の池に浮かぶように並ぶ数寄屋造りの座敷は、四季いつでも風雅にあふれてるんだけど、実に残念ながら肝心の筍には、ちょっとまだ早い。朝堀した筍をいろんな料理にして食べるのは、春以降の楽しみなのだった。それでも八寸にはじまって造り、吸い物、煮物、焼き物、油物、酢の物と続く、旬の素材を使った会席料理はやっぱコッチならではの味わい。ただまあ、料理は美味しいし、サービスはもちろんステキだし、雰囲気代(笑)もそこそこ含まれているにしても、ちょっと高いかなー。いやまあ、ワタシが貧乏だっちゅーだけのことだとは思いますが。(ノω・、)
それはともかく、以前にここで食事したのはいつのことだっただろう。そのときは、もちろん両親に連れられて来たはず。いつのまにか自分の意志で来るようになったけど、逆に親を連れてきてやるのは、残念ながらちょっと間に合わなかったなあ。

070211_06.jpg 070211_07.jpg