5月31日のショベル


バイク屋のBBS見たら、上の写真とともに社長が書き込んでいた。
これぐらいの感じが自然でいいよね!
って、何か突っ込まれそうだけど、、、。
僕的には自然でいい。
自然ってナンダ!
自然ってなんだか知らないが、ワタシ的にも、自然でいい。部品たたっ切ったり付け替えてナニが自然なんだという話もあるが、でも自然でいい感じなんだもんね。自然に生きるってわかるなんてなんて不自然なんだろう(笑)。

で、これが5月28日の状態。ここからナニが変わったかちゅーと、見えないエンジン中身なんかは別にして、まあ、試しに載せただけのシートは外されて、ハンドルがむくっと起きあがって、古っぽいフロントフェンダーが付いて、そしてやっぱりオオッって感じなのはタンクだろう。もちろんサビが落ちてる、という話ではない。ハイトンネルのに替えて、ビミョーにタンクのアタマの高さが低くなっているのよねー。さらにいい感じに、それこそ自然になった。だから自然ってナニよ。というのはともかく、翌1日には、外装部品は塗装屋さんに行っちゃったというわけなのだった。
ちなみにこのタンクもシートも、5月中旬のBBSに載ってたコイツ(左下)に仮付けされてるヤツだと推測される。でもこのワイグラも、連休中に何台かベース車両が日本に着いたよつーんで見に行ったときは、こんなん(右下)だったのだった。ほぼメーカーから生まれたままの自然なカタチって、なんて不自然なんだろう(爆)。

Author: shun

2 thoughts on “5月31日のショベル

  1. ん”〜、シートが乗り心地重視型ぢゃないですか!?
    この手のカスタムに乗る以上、シングルシートにしてペタンコの小さいヤツにケツの痛いのを我慢しながら乗ってもらわないと...w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。