方や、当時の定価が12万円税別というHDムービーカメラ。もちろんHDはハードディスクぢゃなくてHigh Definition(ハイディフニッション)。つまり高精細・高画質のハイビジョンで撮れちゃうカメラなのである。そして方や、定価でさえ15540円(税込み)という、ハッキリ言っちゃえばオモチャ。しかし奇しくも画素数はどっちも約510万画素。その目的も機能も同じ機械なんだから、そりゃとーぜんガチンコで比べちゃうのである(笑)。

というわけで、このオモチャ、「KFE EXEMODE 509万画素 デジタルムービーカメラ DV572」なんていうカッコいい名前なのだが、webなんかで見てると、音質の悪さに定評があるようだ。うーん、音のサンプルとなると、このblogの読者層(いやまあコレは単なる日記なんだけど(笑))からすると、やっぱりライブ撮ったり自分たちの演奏を記録残して反省したり(笑)、なんて用途が多いに違いない。そこで恥ずかしながら、サンプル作ってみた。マイクは立ってるけど、PA電源入ってないナマ音ナマ声。もちろんあくまでも映像と音質の比較サンプルなのであって、歌や演奏を比較したり評論するのは固くお断りするものである。(^^;;;
で、条件はどっちもQVGAサイズで、DV572はきっと30fpsで画質はノーマルをチョイス、某機はQVGAだと15fps/標準画質しか選べない。そのせいか、ファイルサイズは某機がほぼ半分だ。DV572の仕様を見ると、ファイル圧縮はMPEG-4となっているけど前述のように拡張子はaviで、しかもきっと特殊なファイルのせいかQuickTime Proではそのまま保存できず、mov(QTムービー)で保存(ただしどういうわけかファイルサイズはほとんどそのまま。もしかして拡張子を.movに変えたら動いたりして(笑))した。一方の某機は保存ファイルがMP4。しかしQTで保存しようとするとこれまたmovになっちゃうので、画質や音声を“そのまま”指定でMP4で書き出した。どっちも最低機能の比較だっちゅー話もあるが、最高性能比べることに意味があるとは思えないし。(^^;;
というわけで、左がDV572のファイルで約1分、約7.1MB。右が某機で同じく1分、約3.4MB。どうでしょ? もちろんなにもかも右がイイのは言うまでもないとして、問題はその価格差。ワタクシ的には、このオモチャ、結構いけるやん、なんだけど。どっちも撮影時の補正などは一切行っていないので、ちょいと暗めに補正してあげればこんな顔も髪の毛も真っ白に飛んじゃうこともないだろう(あ、髪は白いか(^^;)し、色なんか、オモチャの方がずっと正しい気がする。このシャツ、緑なのよ。一方某機の方は、シャープネスも画質もステレオの音声も、そりゃ圧倒的に勝ってるわけだけど、わたしゃこのシリーズのデビュー機からコレに至るまで、画像のビミョーな遅れが気になってしまうんだよなー。さらに某機のリチウムイオン電池が60分しかもたないのに対して、DV572は電源が単三アルカリ電池4本で、のわんと「約6時間56分(ヘンに細かいくせに“約”がついている)」も撮れちゃうのだった。2GBのSDカードつっこんどけば、超大作だって撮れてしまうぞ。
まあ超大作はともかく、ワタシが買った理由は、コイツならたとえばバイクにガムテで貼り付けて撮ってて、うっかりカンカラカーンとか落っことしてバラバラになっても、笑いながらメモリーカードだけ回収すればいいや、ってなもんだったりする。ネコ撮っててうっかり水没させても以下同文。そしてコイツはwebカメラにもなるので、最悪は某店のライブ中継にでも使うハラなのである。
なお、既におわかりのように、またまたアフィリエイトのバナーを貼ってみました。amazonなら9,980円(税込)送料無料で買えるようです。価格.comで見ると、現在のところ最安価格は税込みで8,920円ですが、送料と代引き手数料足すと、なーんだほとんどamazonと同額でっせ、ダンナ。( ̄ー ̄) あー、ただし、過度な期待はしないでね。写真みるとえっらいリッパだけど、現物は当然、値段なりのモノでしかない。スイッチがチャチイなんてのは言うに及ばず、たとえばまず箱からカメラを取り出し、電池入れてフタ閉めたら、なんとフタが開かなくなった、なんていう先制パンチも喰らった。こりゃ困るぜえホントに。まあいまでは、フタを開けるコツを身に付けたけど。そしてそのコツには、カメラそのものがぶっ壊れるんじゃないかっちゅー渾身の力を込める必要があるのよ。(-ω-;)