一日に何度か、うにゃうにゃいいながらひざに這い上がってきて、なでなでを要求するヤツら。どういうわけか朝はいつも、こいつら2匹がバッティングするのだった。