69年に京都を走り始め、70年代の京都の街を眺め続けてきた2000系の車窓から、2009年の松山市街を見る。引き離されていくのはアルナ車両の超低床路面電車(これが2000系の次代2100系!!)。しかし2100系はバリアフリーの代償として旧型車両と比べて定員が半分近くになっちゃって、ラッシュ時には積み残しが出ているそうな。うーん、やっぱ人力バリアフリーの方が効率いいんじゃないのかな。写真をクリックすると、当blogきっと初のH.264のmp4。ファイルサイズのわりには、かなりキレイかも。追従する2107の、台車カバーの動きも見える。