花水ラオシャン


平塚にある、酸っぱいラーメンなんである。酸っぱいんである。って、喰ったことのない人には、たぶんナンボ説明してもわかってもらえないだろうなー。喰ったことがある人なら、好きか嫌いかに関わらず、口の中にあの独特の味が広がっちゃうはずである。この酸っぱいのに、さらに酢をどぼどぼと入れて、ラー油なんかたらたらたらと垂らして喰うんである。メニューはタンメンが基本である。左はチャーシューメンではなくチャーシュータンメン、右はワンタンメンではなくワンタンタンメン、なのだ。もちろん何度か喰ったことがあるけど、本店ははじめてだったので記念写真。(^^;;

Author: shun

2 thoughts on “花水ラオシャン

  1. 昔、平塚の駅前に行くと、ラオシャンの大きな声の宣伝が「拡声器」から流れていました。
    「ラオシャンラオシャンラオシャンラオシャンラー」とひたすら老郷の名前を親父が中国的な発音で繰り返すだけ。でも頭にこびりつきました。

  2. 竹松さん:
    へー。それは知りませんでした。
    で、竹松さんは、あれ、お好きですか?( ̄ー ̄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。