買っちゃったのである。AKAIの16チャンネルのHDDの巨大なヤツがうちのどっかに埋もれてるはずなんだけど、わざわざ8チャンネルの、しかも同時には1チャンネルしか入力できないような低機能なのを、またまた買っちゃったのだ。というのも、コイツ、手のひらサイズでとってもコンパクト。もちろんバッテリー駆動。なので思いついたらその場で、ちゃっちゃと重ねて録ってチェックできちゃうのである。しかもコイツ、なぜかカメラも付いてるし動画も撮れるしスケジュール管理もできるしゲームもナビもできるし、おまけにどういうわけか、電話もできちゃうのである。
つまりこのRectools08pro マルチトラックレコーダーは、iPhoneのアプリなのだった。ヽ(・◇・ )ノ
そんなもんだから、問題は、もちろんいっぱいある。最大の問題は、やっぱ本体の処理速度の遅さに起因する(?)重ね録りのズレかなあ。具体的には、ふつーはまず1発目の音を入れて、次にそれ聞きながら2発目を合わせて重ねるわけだけど、2発目を入れるときに聞こえている1発目の音は、実は内部処理に時間かかってちょっと遅れて再生されているから、そのままミックスダウンすると見事にズレちゃうのである。どひゃー、こりゃ使い物にならん、とか一瞬思ったわけだけど、解決策はある。あとから2発目に入れたトラックをズレの分だけ遅らせること。あるいは、メトロノームを頼りに1発目の音を無視(あるいはいっそミュート)しちゃって2発目を録ること。まあ、エフェクトこそかけられないようだけど、3バンドパラメトリックイコライザーもありゃ各トラックチャンネルごとにボリュームフェーダー、パンポッド、EQ、ミュート、ソロも搭載している。2100円でこれだけ遊べるんだ。これ以上オマエはナニを求めるんだ? という話もあるのだった。問題は、電話に向かってギター弾いて唄ってるなんて、どこから見てもヘンなヤツだってことくらいかなあ。なお、WEBには2300円とあるが、なぜか2100円だった。ついにでWEBには「期間限定/7月中旬から¥4600」とも書いてあるが、いまは9月だし、そのころはなんと600円で売ってたようなのだった。