10月になっても、まだスイカだったりして。(^^;; でも決してワタクシ、スイカが大好きってんじゃなくて、それどころかここ何年も何年も、積極的にスイカを食べることなどなかったのだった。子どものころ、夏になるとオヤジの田舎で、あるいは山ほど送ってくるのを喰って喰って喰ってしてて、そういう真っ当なスイカが、当たり前のスイカの味になっちゃってたんだけど、東京来てからは、なんだか食べるスイカがおいしくないのよねー。そんなわけで、そのうち無意識にスイカから遠ざかっちゃってたんだなあ。なんてことを、今回、とても久しぶりに鳥取へ出かけ、お土産として送ってもらったのを喰ってて思い出したのだった。そうだよなー。スイカってのは、こういう味だったよなー。え、喰ってみたい? 茅ケ崎某店にあと1個残ってるようですぜ。( ̄ー ̄)