まるでタイムトンネルか異次元への入り口か、なんて感じの雲なのだった。