ドーグミュージック界に知らぬ者はないスーパーピッカーの某氏。別のバンドが演奏している「岬めぐり」をコソーリ(?)一緒に口ずさみ、終演後、ステージでフォークのJAMがはじまったら、飛んで出て「かぐや姫」や「風」を弾きまくってたのだった。いやー、あのフォークの洗礼は、誰も逃れられなかったでしょー、とのことだったけど、いやー、ごもっとも、ごもっとも。