たまに飲みに行ったり、たまに飲みに来てくださったり、そんな関係が続いてた南口のバーのマスターが突然に亡くなった。お通夜と告別式は、茅ヶ崎某店の至近で営まれていたけれど、わたしがそれを知ったのはすべてが終わったあとだった。そんなわけで今夜は悲しい色した水引の袋を携えて飲みに行き、カウンターで少し思い出話。